アイピルを安全安心して通販しよう

MENU

アイピルの通販 | 安全なアイピルの販売サイト

アフターピルはモーニングアフターピルとも呼ばれています。用途の目的として、性交後24時間以内の服用すれば約95%の確率で避妊が可能となる緊急避妊薬です。通常のピルとは用途が全く違います。

 

アイピル,通販

 

アフターピルが必要な時はこんな時

アイピル,通販コンドームが破けてしまった
アイピル,通販妊娠を望んでいない時
アイピル,通販パートナーに断れず避妊用具無しで性行為をしてしまった時
アイピル,通販妊娠に対しての不安感があった時

 

アイピル,通販

 

アフターピルが通販で売れている理由
国内の産婦人科でアフターピルを処方して頂く場合、診察処方でかかる料金は約13,000円~15,000円程度と言われております。 保険適用外になる上に、高額になってしまいます。また処方の記録も残ってしまいます。

 

そんな中で通販でアフターピルを購入すると、値段も安く、即日発送ですぐに届く為、女性が自身の体の事を考えて、常備する方が増えています。

アフターピル(モーニングアフターピル)の売れ筋ランキング

アフターピル(モーニングアフターピル)は日本の薬局などで市販されてなく、簡単に手に入れることができません。産婦人科へ行き処方してもらうしか手に入りません。また保険適用外なので、金額も1万円~となり高額です。

 

しかし、通販であればアフターピルを購入することができます。通販だと心配と思われるかもしれませんが、販売されているアフターピルは日本の産婦人科で処方される薬と同じ薬です。要は日本の法律が問題で簡単に手に入らない状況になっているんです。しかも保険適用外にして法外な金額を請求してきますし。

 

ここで紹介する売れ筋は知名度も高く、日本の産婦人科でも処方され、購入しやすい金額順にしてあります。

 

アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬で、LNG法(新アフターピル)は性交後24時間以内の服用で約95%で避妊が可能という実証データがあります。
日本初の緊急避妊薬として販売されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
コンドームが破けてしまった・妊娠を望んでいない時など、避妊失敗時の緊急事態などに活躍する避妊薬です。

 

アイピルは日本で『ノルレボ錠』という認可され販売されている緊急避妊薬のジェネリック医薬品です。
ノルレボは一般的にクリニックや病院などでで処方される緊急避妊ピルになります。
そのノルレボの成分とほぼ同じであるi-Pill(アイピル)は信頼性の高い緊急避妊ピル・アフターピルです。
同成分のため、同等の安全性と効果があります。主にプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬です。
黄体ホルモンが体内バランスをコントロールし、卵巣からの排卵を停止させ妊娠を防ぐ効果をします。また、すでに排卵している時は、その卵子と精子の受精を防ぐ効果があります。

 

アンウォンテッド72(Unwanted72)は緊急時避妊薬(モーニングアフターピル・事後避妊薬)呼ばれている、通常のピル(避妊薬)は周期で毎日服用するタイプの避妊薬とは違い、唯一の性交後に避妊効果のあるお薬です。
コンドーム使用時の避妊率は80%程度と言われています。モーニングアフターピルは、「予期せぬ事が起こってしまい、避妊が出来なかった」「コンドームが破けてしまい、避妊出来なかった」等の想定外の事態で、性交後に避妊をしたい場合や妊娠を避けたい場合などに、ホルモンバランスを調整する事で妊娠を防ぐ為の避妊薬です。
緊急避妊薬を常用する事は出来ませんので、避妊を続けたい方は低容量ピル等の常用するタイプをご使用下さい。

 

日本国内では同様の緊急避妊薬では、「ノルレボ錠」がありノルレボと同じ有効成分である、「レボノルゲストレル0.75mg 」が配合されています。
アンウォンテッド72(Unwanted72)はノルレボジェネリックです。
海外ではピルはポピュラーな物であり、薬局で手軽に買う事が可能なお薬です。
日本国内では薬局で購入する事は出来ないため、産婦人科で緊急避妊薬を処方して貰う場合は、ノルレボの処方が多いですが、診察料と処方箋とお薬代で1万円程度の費用がかかりますので、10%程度の価格にて購入する事が可能です。

 

エラワン(緊急避妊薬)は性交後120時間位内の服用で約85%、72時間位内の服用で約95%で避妊が可能なアフターピルです。
既に、妊娠反応が出ている方・妊娠中の方の中絶目的では使用できませんので、ご注意下さい。
従来品より、1錠で飲み忘れのリスクを減らし、使用の時間制約も伸びています。
女性が自身の体の事を考えて、常備する方が増えています。
緊急時用で常用ではありませんので、ご注意下さい。

 

エラワンは、安心で安価な世界のジェネリック薬品が進める「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)」です。
また、「ノルレボ錠」よりも効果が得られるとされ、話題の第3世代の避妊薬になります。

 

私がアフターピルを使ったときの体験談をお話します

パパ友達の家で遊んでいたときのことなのですが、お酒を飲んでいたら両人ダブル印象が高まってしまってそんな発想になってしまいました。

 

ちょっと良いなと思っていたあなただっただけに、自分の方もまんざらではなく自然とエッチをすることになったのですが、コンドームがグループしかなくてそれをつけるのに失敗してしまったのでいかんせんということになりました。

 

身近は遠慮して辛抱しようとしていたのですが、ここまできて材質弱いのは可哀相だと思いそのままでいいと言ってしまったのです。当然他人に射精をしてくれるものだと思っていたのですが、友達には中で出していいと受け取られてしまったようで飛び切り中に出されてしまいました。

 

やられたと思ったのですが、酔っていたこともあってこれはこれでいいかもと考えていたのですが、早朝になって良いが覚めたら青ざめてしまいました。主人でもしょうもないあなたの次男をおめでたしたらどうしようかと不安になってしまったのですが、その時はアフターピルなどのことを考えずにそのままうろたえるだけでした。

 

そして、アフターピルの猛威も効かなくなってしまったらついにあとから避妊をすることができる薬があると知って、余計に失敗したと思ってしまったのです。

 

それから月の物が来るまでは誠に不安な常々でしたが、予定通り月の物が来た随時大変ホッとしました。

 

自分が甘かっただけなのですが、印象に流されてただただエッチをしてしまうようではいざというときのためにアフターピルを持っていたほうが良いと思うようになりました。

アフターピルの知識をつけましょう

後々避妊薬(アフターピル)の効果
~性行為後のトレンドと効果~
■性行為後から終日以内のスタイル : 約95百分率以上の懐妊ストップの効果
■性行為後から25~48トレンド下 : 約85百分率の懐妊ストップの効果
■性行為後から49~72トレンド下 : 約58百分率の懐妊ストップの効果
上記のように過去の避妊がエライ臨床インフォメーションに基いて記載しております。
※性行為後からの順番瞬間が経つにつれ、その効果のストップ百分率は下がっていきますので、気づいたらお早めに服用することをオススメ致します。

 

アイピル,通販

 

アフターピルの主な反動
基本的には、どのアフターピルにも同じ反動がありますが、アフターピルによってある程度異なる場合もありますので、購入前には確認をしてから購入してください。

 

・吐き気
・胃腸の疼痛
・消耗
・頭痛
・不平等子宮出血
・月経頻度の狂い

 

アイピル,通販

 

のみ合わせによる反動

 

下記の場合はご心配り下さい
■懐妊センターのユーザーは利用できません
■他の診断を受けられているユーザー

 

投薬前にしっかり医師にご駆け引き下さい。

 

以下の反動が報告されています。
■おなかの疼痛・膨らみ
■消耗
■嘔吐
■むくみなど

アフターピルをもっていなくて焦った体験談

下の子どもがいまだに1年頃だった一つ、はなはだ避妊をしていたつもりでしたが、私の中でコンドームが破れてしまった事がありました。たまたま敗れたコンドームの破片は取り除く事が出来ましたが、膣ひとつ射精をした状態には変わりありません。そこで私は避妊に失敗した時様に用意しておいたアフターピルを利用する部分にしました。

 

サッと飲もうと思ったのですが、必ず探してみるとありません。そこでもしかして思い出したのは、少し前に使い切っていたという要素でした。間もなく注文しておこうかな、と思った表通り、放置していて手元にはアフターピルが乏しい頻度となってしまいました。

 

このまま放置しておくのも非常に怖かったので、翌朝直ちに産婦人科に電話をした所、ピルを処方してくれるという単語でした。そこでさっさと産婦人科に行ってピルを処方してもらい、結局は懐妊せずに済んだ、と言う事があります。

 

私の場合は概ね頻繁にアフターピルを飲むわけではないので、ストックが物件には無くても必ず困るという事は今まで一時もありませんでした。だからまた他の物を注文するら一緒に注文しておけば嬉しい、その程度に思っていて、専ら放置してしまったというのがけんかの原因です。

 

また、コンドーム自身も続続使っている感想タイプだったので、破れてしまうという事も想定していませんでした。想像していなかった要素、考えていなかったことが重なってしまって、結局はオタオタとして焦ってしまった事があります。

今回はセーフでしたが今後アフターピルを常備しようと心に誓った体験談

カレッジでアジア文学を専攻していたので、同じセミナーを先行している女子大の同級生と最後航海に東南アジアを根こそぎ回る航海をする役回りをたてました。

 

近辺と二人で最後航海のために、春休みのうちからコンビニや居酒屋のパートをやりまくり、何とか夏休みまでに航海代金を貯める事が出来ました。

 

国外航海は始めただったので、アジア航海に行った経験のある規定に相談すると「アフターピルも念のために用意しておいた方がいいよ。」と実に真面目に言ってました。

 

規定に言われましたが、スゴイ、アフターピルを処方してくれる病棟が無くて、苦労して入手しました。身近と一緒に衣装やインナーやスイムウェアなどのレターを買って、行く予定の国のパスポートを用意して、始め当日になりました。

 

東南アジアの空港に着くと、そこはもはや南国の気候で、空港から少な目タクシーでストリートをブラブラ歩きました。大手名勝を発進縮図を見ながらひとつひとつ巡って行きながら、少しずつ南の方へ向かってました。

 

途中に、浜の綺麗な海岸が合ったら、そこで海水浴を楽しんだり、役回りもいともラフにたてていたので、行き命中ばったりのトラベルを身近と楽しんでました。

 

トラベルを10太陽ぐらいすると、段々慣れてきて、ガイドに載っていない名勝を案内するハンドブックがいたので、何のお世話もしないで、ハンドブックに成果を払って愛車で先入観の好ましい人通りの少ない場所に連れていかれました。

 

そこには、3ヤツぐらいのネイティブがいて、腕と脚を押さえつけられて、順番に男子たちに輪姦されました。輪姦を長時間繰り返すと男子陣も満足してのか、準備されました。

 

近辺両人と泣きながら、現地の病棟に向かいましたが、創造途中科目だったので、病棟ではアフターピルどころか、おめでた見極め器機もありませんでした。そこで、規定に言われた通りに持ってきたアフターピルを至急2錠飲みました。

 

それから旅館へ行きましたが、強姦された悔しさで差引寝られずに、12歳月後に2錠飲みました。航海を続けるパッションにはなれずに、空港に向かってただただ日本に帰国しました。

 

レイプ後に避妊しても、おめでた料率は無心ではないので、帰国上記も現地人の子どもを妊娠しているんじゃないかという災厄から、不眠症を起こしてました。身近も似たような状態で、悩んでリストカットしたり自殺未遂を繰り返してました。

 

私も身近も1か月経ってもおめでた見極め薬も、産婦人科の見極めでもおめでたは陰性でほっとしました。規定に言われた通りに、アジア航海前に手提げにアフターピルを持っておいてよかったと心のそこから思えました。